スムーズに優秀な人材を集める方法

迅速に優秀な人材を集めたいという時には、社員から信頼できる知人を紹介してもらうという方法が一番です。この紹介によって人材を採用する方法を、リファラルといいます。リファラルでは社員を通してスキルや人柄を事前にチェックできるので、スムーズに優秀な人材を採用できます。

リファラル採用のメリット

男性

マッチング率が向上する

どんなに働きやすいと評判の企業も、実際に入ってみれば自分には合わなかったということも少なくありません。その点、リファラル採用の場合は紹介者を通して事前に企業の内情を確認できるので、マッチング率がアップする傾向にあります。

人材集めのコスト削減につながる

大掛かりな面接やヘッドハンティングを行うと、多くの費用と労力が必要となります。しかし、リファラル採用は紹介者一人が企業と人材を引き合わせてくれるため、人材集めに掛けるコストも労力も大きく削減できます。

専門性の高い人材が確保できる

人材に専門的な知識やスキルを求めると、その人物に出会えるまでに多くの時間を要することがあります。リファラル採用であれば、専門性を持った人物を集中的に探せるので、狙った通りの人材にスピーディに巡り会えるでしょう。

専用システムを活用しよう【リファラル採用をするなら】

オフィス

リファラル採用とは

縁故採用とも呼ばれるリファラル採用は、国内では昔から存在する人材登用制度です。近年は即戦力が求められるベンチャー企業で多く取られていて、アメリカではベンチャー企業の3割はリファラル採用で入社したというほどメジャーな採用制度となっています。縁故採用といえば人のコネで入社するというマイナーなイメージが強いものですが、リファラル採用は能力が不十分である人材を無理に雇用してもらうのではなく、優秀な人材が才能を活かせる場を紹介するというイメージが強いです。企業と人材双方が特をすることから、リファラル採用は年々日本でも定着しつつあります。

男性

専用プラットフォームシステムを導入しよう

リファラル採用を行いたいものの、ツテもコネもないという企業は、専用のプラットフォームシステムを導入しましょう。他社に努めている潜在層にもアプローチできるので、より優秀な人材をスピーディに集められます。一度システムを導入すれば、システムを介して社員同士が楽しく企業を紹介できるので、管理にコストや労力を掛ける必要はありません。自社で専用システムを導入してもいいですが、難しければ専門のサービスに相談してください。

システム導入後と導入前を比較!

潜在層の発掘が難しい・導入前

システムに頼らずにリファラルを行いたい場合には、人脈が重要となります。まずは、社員の知人の中にどのようなスキルを有した人が何人いるのかといった点を調査しなければならないため、潜在層を洗い出すだけでも相当な時間を要するでしょう。

自動的に自社に合った人材をピックアップしてくれる・導入後

リファラル専用システムは、企業にあった人材をランキング形式で紹介してくれるため、特別な調査を行わなくとも自動的に優秀な人材に出会えます。人探しはシステムに任せて、自社のアピールに専念できるでしょう。